工事現場ではユンボのレンタルが増えている

ユンボ

工事現場ではユンボのレンタルが増えている

工事現場で活躍するユンボは、自社で所有していると維持費がかかってしまうためレンタルする業者が増えています。
ユンボは油圧ショベルやパワーショベルなどの建設機械の名前で、建設前の地面の整地や建物を解体するときに使われますし、岩盤を破砕したり気を伐採するなどさまざまな作業に活用されています。
ユンボは免許が必要で、機体重量3トン以上の場合には車両系建設雨機械運転者の免許が、機体重量3トン未満の場合には小型車両系建設機械の免許が必要です。
車両系建設雨機械運転者の免許は小型車両系建設機械の取得も必要になります。
小型車両系建設機械は都道府県にある指定期間で受講を受けて終了すると国家資格として取得することができます。
ユンボは操作するときにはクレーン装置がついている場合には他にも移動式クレーン運転士などの資格が必要です。
クレーン以外にも装置が特集な場合には他の資格が必要となるため注意が必要です。
タイヤタイプで公道を走行する場合には重量によって特殊運転免許が必要となります。

操作するときには手元にあるジョイスティックレバーを上下左右に動かします。
ただし、操作方法はメーカーによってパターンが異なるため注意が必要です。
ゼネコンなどで使う場合には標準操作方式はJIS方式が推奨されていて大きく分けて4パターンです。
パターンを確認してから操作をしていきます。
レンタルするときには免許を提示することになりますので、免許を取得しているだけでなく持参を忘れないように注意が必要です。
レンタルの価格は車両総重量やバケット幅によって金額が異なるため用途に合った重量やバケット幅を選ぶようにします。
レンタルするときの注意点は、返却する時間と燃料そして清掃です。
業者が返却時間や日数を決めます。
時間通りに返却しないと延長料金がかかってしまいます。
また返却時には燃料を満タンに入れてから返すことになります。
返すときには清掃をして返すようにします。
清掃をしないで返さないと後日清掃代を請求されるケースもあります。

お知らせ

一覧

工事現場ではユンボのレンタルが増えている

ユンボのレンタル業者の特徴を調べる方法

ユンボをレンタルして小屋を建てました

ユンボのレンタルにはメリットが沢山

ユンボをレンタルして基礎工事をやりました