ユンボは購入するよりもレンタルかリースのがお得

仕事でユンボといった重機を使う場合には、会社によってその重機を使う頻度というのは異なります。
年間を通じて沢山使用する会社もあれば、年間で数回程度しか使わない会社もあったりします。
前者のような会社では、購入するか借りるかを選ぶことになります。
一方後者の会社では購入という選択肢はなく借りるといった選択肢になるかと思います。
ここで大事なことは、前者の会社であってもユンボといった重機は購入しない方がお得になるということです。
なぜそのようなことが言えるかは、これからその理由を挙げていきます。
購入をするとなれば、まずは多額の資金が必要になります。
そして購入した後もメンテナン費用や重機を所有することで資産管理事務も発生しますのでその手間もかかります。
さらに重機を保管しておく場所も確保しなければいけません。
こうしたことから相当資金力が会社になければ重機を購入するのは避けるべきかと思います。
そこで、重機に関しては購入ではなく借りた方がコストパフォーマンスとしては優れています。

コンプレッサー修理後のメンテンナンスが充実
修理後も考えてくれる企業をお選びください

解体費用の見積りならしろくま産業株式会社

確定申告・決算等は中山隆太郎税理士事務所にお任せください

様々な種類の高品質なベッドを激安価格で購入できます
大きさや素材・デザインも様々な高品質のベッドを他社よりも安い価格で購入することができます。

借りるという行為には、レンタルとリースの2つがあります。
レンタルかリースかは、重機をどのくらい使用するのかということを考えて決めましょう。
年間を通じて使用頻度がそれほどない会社ならばリースよりもレンタルのがお得となります。
短期間でしか使用しないので、本当に使用した時にだけ利用すれば良いからです。
一方リースの場合には年単位契約を行いますので、原則途中で解約することができません。
その分、最新の重機を安く借りることができるメリットがあります。
また他のメリットは、事業の縮小をしたことで重機を使用する機会がなくなってしまった場合には例外的に違約金を支払えば、重機をリース会社に引き取ってもらうことができます。
重機を購入した後に事業を縮小することになったら、会社自体が不用になった重機を処分しなければいけません。
その際にユンボのような大型の重機を処分するのは大変なことです。
リースならばリース会社が回収してくれます。

最新投稿

お知らせ

一覧

工事現場ではユンボのレンタルが増えている

ユンボのレンタル業者の特徴を調べる方法

ユンボをレンタルして小屋を建てました

ユンボのレンタルにはメリットが沢山

ユンボをレンタルして基礎工事をやりました